各規格の転送速度の理論値と実効速度


最近WindowsとMacの両方で開発していて、Raspberry Pi2にSSDをくっつけて開発用のサーバーにしている。
消費電力がSSD込みでも5W程度で24時間動かしても月額の電気代は100円程度と格安だ。
でも転送速度が遅さが気になってきたので、各規格の転送速度の理論値と実効速度を調べてみた。

SATA3.0は今回調べた中では最速だが最近のSSD(MX200)で555MB/sなので4440Mbpsの転送速度が必要となり結構ギリギリになってきた。
無線LANは数年で急激に高速化が進み、IEEE802.11ac(4×4)は有線LAN(イーサネット)の1000Base-Tを超えるだけで無くUSB3.0の実効速度を超えていた。
中価格層のIEEE802.11ac(3×3)でも有線LAN(1000Base-T)と同格だ。
ネット回線もNURO光の出現により条件によっては傍にあるUSB2.0の外付けHDDに保存するより何キロも離れたネット上に保存する方が早いという不思議な状態になっている。

規格名 理論値 実効速度 備考
1000Base-T 1000Mbps 800Mbps
100Base-TX 100Mbps 96Mbps
IEEE802.11ac(4×4) 1733Mbps 1276Mbps
IEEE802.11ac(3×3) 1300Mbps 751Mbps
IEEE802.11ac(2×2) 867Mbps 442Mbps
IEEE802.11n 450Mbps 189Mbps
IEEE802.11g 54Mbps 22Mbps
SATA3.0 6000Mbps 4800Mbps
SATA2.0 3000Mbps 2400Mbps
USB3.0 5000Mbps 984Mbps
USB2.0 480Mbps 272Mbps
NURO光 2000Mbps 884Mbps
マンション光 1000Mbps 74Mbps ※実測フレッツ隼

そして肝心のRaspberry Pi2だが有線LANがボトルネックになってるので、USB2.0接続になってしまうがギガビット有線LANアダプタを付けたら速くなるのでは?と思って調べたが、Getting Gigabit Networking on a Raspberry Pi 2 and B+によるとUSBのギガイーサを付けるとネットワーク速度は倍ぐらい速くなるが転送速度は備え付けのLANポートの方が速いという謎の結果になることが分った。
次世代のRaspberry Piに期待します。

トラックバック

コメントを書く