Category ‘画像’

スマホでWordPressへ写真をアップするオススメな方法


WordPressをCMS(更新システム)代わりに使ってる企業サイトが多くある。
その更新作業で画像を掲載するときは、数年前まではデジカメで撮影した画像をSDカード等を使ってパソコンにコピーして「藤 -Resizer-」なんかの簡易画像編集ソフトで縮小し、WEBブラウザでWordPressにログインしてアップロードという手順だったが、最近はスマホ一つで画像のアップが可能になった。
ただ、そのままアップすると容量が大きすぎたり顔色が悪かったりするだけで無く、不要な情報(位置情報やサムネイル)も公開してしまい住所がバレたり、モザイクが外されたりするという危険もあります。
そこでスマホからスマートに安全にアップする手順を解説しようと思います。
(さらに…)

画像情報表示「info_JPEG」

JPEG画像、保存情報表示ソフト
圧縮率やFlashで読み込めないプログレッシブJPEGを検出したりできる
http://hp.vector.co.jp/authors/VA013012/

バーコード作成ソフト「MiBarcode」

JANやQRなどの12種類のバーコードを簡単に作成できます。
クリップボード経由で貼り付けられ、エクセルにコピー&ペーストで貼り付けたりできます。
コピーする形式もメタファイルとビットマップと選べ、
イラストレーターやエクセルに貼り付けるときにメタファイルを選ぶとベクターデータなので拡大や印刷するときにキレイです。
http://homepage3.nifty.com/m-and-i/

イラスト作成ソフト「InkScape」

ベクターデータの編集ソフト。
結構、開発が進んでる様で日本語も特に問題無いがPhotoShop vs GIMPほど迫ってきてはない。
単純に印刷で使えるイラストが描きたいとか、ベクターデータの標準形式のSVGのファイルを作成したいって場合には使えるし、使い方しだいではイラストレーターの上を行ってる部分もある。
http://www.inkscape.org/

画像編集ソフト「GIMP」

唯一PhotoShopに対抗できる画像編集ソフト。
PhotoShop風の見た目にする「GimpShop」なるものも存在します。
http://www004.upp.so-net.ne.jp/iccii/

超高機能。一万円ぐらいで売ってるペイントソフトを超える出来映え。

以前より改善されているが未だ不安定。重い。

類似ソフトとの比較

マンガビューアー「マンガミーヤ 」

2枚の画像を見開き表示できる画像ビューア、高速で高機能な為、開発が終了しても他の追随を許さない。
もっとマンガビューアーについて知りたい方は「漫画用ビューア比較表」が便利です。
長いこと更新されていないので別のソフトに乗り換えたいんだけどなかなかマンガミーヤを超えるソフトが現れない。
マンガミーヤ 再配布

カスタマイズ性も良く、超高機能。

設定がマニアアックでわかりづらい。 開発が中止された。

類似ソフトとの比較
  • Leeyes:アイコンもインターフェイスも結構良い感じで使いやすいが書庫を関連づけると開かなかったりプラグイン
    を入れないと殆ど役に立たない。以前はもっさりしている気がしていたがキビキビ動く様になってきた気がする。
  • Hamana:高速、ファイラが使いづらい。高度なプログラム能力と独りよがりな作風も含めマンガミーヤの後継ソフトと呼ぶにふさわしいがこれも関連づけると開かない。

画像ビューアー「ViX」

できすぎな統合画像ビューア。トリミングやリサイズ、回転など簡単な画像編集もできるだけでなく書庫内の画像も表示できる。
長いこと更新されていないので別のソフトに乗り換えたいんだけどなかなかVIXを超えるソフトが現れない。
2011年現在開発者が連絡不能開発者になっている。
http://www.vector.co.jp/soft/win95/art/se083112.html

類似ソフトとの比較
  • Susie:プラグインで読みこめる画像形式を増やせる。超有名ソフト
  • Picasa:かっこいいインターフェイスだが重いし勝手にいらんことをするので好みではない。