FTPクライアント「FileZilla」

FTPクライアントソフト日本語にも対応してる。インストーラータイプとZIPタイプがあり、インストーラータイプは各種設定をレジストリを使うかXMLにするか選択できる。XMLで保存しても、デフォルトは「Application Data」フォルダに保存される為USB等で持ち運びづらいが一目で解るFilezillaでのポータブル化方法 | YATA BLOGを参考に「fzdefaults.xml」を用意すると持ち運び可能になるし、FileZilla Portableを利用する事もできる。
あと、デフォルトの設定ではダブルクリックでアップしてしまうので「View/Edit」にした方が便利
http://filezilla-project.org/

アイコン表示が見やすく、高機能で高速。特に大量ファイルをアップする時は不可欠。

拡張子でパーミッションを変更してくれない。デフォルトの設定が良くない。

類似ソフトとの比較
  • rootftp:アイコン表示が見やすく、デフォルトでレジストリを使わないが開発中止。
  • ffftp:機能的には少ないが定番なので解説のページも多く、安心して使える。
    レジストリを使うと勘違いされてる人もいるがが「オプション」「環境設定」「その他」でINIファイルに変更出来る。
トラックバック

コメントを書く